Wi-Fiを選ぶ際のポイント

最近はWi-Fiというものが流行っています。さまざまな場所でWi-Fiという言葉を耳にすることが多いでしょう。Wi-Fiというのは無線インターネットの接続をするためのシステムのことです。最近はスマホやモバイルパソコンを用いている方が増えています。これらでネットに接続する際にはWi-Fiを活用することができるのです。他にもWi-Fiは家電に使われていたり、さまざまな用途で利用されています。Wi-Fiに興味を持っている方はたくさんいるでしょう。

Wi-FiはWi-Fiルーターを用いることによって、利用することができます。家庭内ですでに契約している有線インターネット回線があるならば、そちらにWi-Fiルーターをつなげることによって、家庭内でWi-Fi接続によるインターネットができるようになるのです。しかし、Wi-Fiルーターにもいろいろな種類が存在しています。それらから一体どれを選べば良いのか、そのためのポイントをまとめました。

Wi-Fiの規格をチェックする

Wi-Fiには規格というものが存在しています。これはアルファベットの小文字によって記されています。たとえばIEEI802.11aのように表記されています。現在、家庭で使われるWi-Fiルーターに使われている規格としては、11aや11g、11ac、11nといった種類が存在しています。この小文字は使用している周波数帯を示しています。Aであれば5GHzであり、gならば2.4GHzです。そして、acは5GHzが進化したものであり、nは2.4GHzと5GHzの両方に対応しています。

5GHzは障害物に弱いという欠点があります。一方、2.4GHzは遠くまで飛ばすことができるのですが電波干渉が起きやすいという欠点があります。現在市販されているルーターのほとんどは複数の規格に対応したものとなっています。しかし、中には一部の周波数帯にしか対応していないものもあるため注意しましょう。

ストリーム数

Wi-Fiルーターを見るとアンテナが立っていることが分かります。この数のことをストリーム数といいます。アンテナの数が多いほどよりスムーズにインターネット通信ができるようになるでしょう。特に家庭内で複数の方がWi-Fiを利用するならば、ストリーム数は重要となるのです。十分な数のストリーム数があれば、複数の人がWi-Fiに接続したとしても、ネットの接続は安定舌状態となります。

ストレスなくWi-Fiを利用したいならば、ストリーム数がどのくらいになっているのか確認しておきましょう。ただし、アンテナ数というのは接続できる端末数を示しているわけではありません。アンテナ数が4本でも4台以上の機器と接続することはできるでしょう。ただし、この場合はスピードが遅くなってしまうため気をつけてください。一人暮らしでスマホでしか使わないという場合にはアンテナ数が2本でも大丈夫でしょう。

また、アンテナについては内蔵式のものと外部アンテナのものがあります。より広範囲に電波を飛ばしたいならば外部アンテナがたくさん積んであるものを選ぶと良いでしょう。家が広いならばアンテナが外部に積んであるものだと電波がしっかりと家の中の隅々まで届くようになります。どこにいて無線LANにつなげるようになるのです。

ギガビットイーサネットへの対応

LANケーブルもし高速通信でWi-Fiを利用したいならば、ギガビットイーサネットに対応しているのか確認してください。Wi-Fiルーターは有線LANのモデムと接続することになります。LANケーブルによって接続をするのですが、この部分の速度はとても重要なのです。せっかく拘束のインターネット通信回線を導入していたとしても、Wi-Fiルーターと接続をする際に速度が遅くなってしまえば意味がありません。そこでギガビットイーサネットへの対応が重要となるのです。

また、LANケーブルもギガビットイーサネットに対応したものを利用しましょう。たとえば1000BASE-T対応や1Gbps対応と記載されているならば、それはギガビットイーサネットに対応している証拠となるでしょう。あるいはケーブルにCAT.5Eと書かれていたり、数字が6以上のものであれば問題ありません。ケーブルもルーターもギガビット仕様のものに揃えておきましょう。

暗号化方式

Wi-Fiでは無線を飛ばしてインターネットに接続することになるのですが、無線の電波は家の中だけではなくて家の外にまで飛ぶものです。そのため、誰かに不正に使われてしまう可能性があります。個人情報が流出してしまったり、犯罪に巻き込まれてしまうようなリスクも存在しているのです。このような事態を避けるためには暗号化方式を採用しているルーターを用意するべきなのです。

基本的にはWPAという方式に対応しているルーターを選ぶと良いでしょう。これならば安心してWi-Fiでインターネットに接続することができるのです。

利用環境を考える

ここまでWi-Fiルーターでチェックするべき点について説明してきました。いろいろな要素が存在しており、それぞれについて最適なものを選ぶことが大切です。その際には利用環境についてよく考慮しておきましょう。たとえば家の広さや家族の人数、契約しているインターネット回線の速度などです。場合によってはそれほど高性能のものを買わなくても問題ないというケースもあるのです。Wi-Fiルーターにはピンからキリまであります。高機能なものほど高くなってしまうため注意しましょう。

まとめ

Wi-Fiルーターの選び方についてまとめました。Wi-Fiルーターを使うことによって、さまざまなメリットがもたらされるでしょう。自由に家の中のどこでも高速のインターネット通信を楽しめるようになるのです。スマホを用いた場合は、家庭内の回線を使うことによって家にいる間は通信量を節約できるというメリットもあります

Wi-Fiルーターを選ぶ際にはアンテナ数や規格、暗号化方式といった点に注目してください。それぞれの用途や使用環境に合わせて最適なものを選ぶと良いでしょう。ケーブルを用いなくてもインターネットに接続できるというのはとても便利なものです。最近は有線LANケーブルを差し込むことができないようなパソコンも増えています。そのため、Wi-Fiがこれからの標準となっていくでしょう。Wi-Fiルーターを適切に選ぶことができれば、家庭内の無線LANの環境はとても良くなるでしょう。インターネットをもっと快適に便利に利用したいという方は、ぜひとも上記の説明を参考にしてください。

【参考リンク】モバイルWi-Fiルーター│モバイルWi-Fi最安リサーチ!